まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエット、食欲イマイチでも食べやすい3つのメニューの注意点

f:id:masanodiet:20190903155706j:plain

とろろご飯

こんにちは。

真夏の暑い日差しは影をひそめる日も増えてきました、
こうなると夏の疲れが一気に出やすい。
皆さんは夏バテは大丈夫でしょうか。
私はちょっとそのパターンにはまりつつあります。

今日は、そんな際に食べやすい3つのメニューを取り上げましたが、
ダイエット的には好ましくない共通点があります。

それでは、どうぞゆっくりとご覧になってくださいね。

 

ダイエットで太る可能性もある「とろろご飯」

とろろのカロリーは1人前で約85kcal、
150gのご飯(普通盛り・252kcal)にかけて食べると全体で約340kcal。
これって低カロリーですよね。

それなのに太ってしまうことがある。

とろろご飯は、よく噛むことなくご飯を飲み込むようにして食べてしまうので
満足度は少なく腹持ちが悪いんです。
すぐにお腹が減ってしまうということになりますね。
他の食事や間食の量が増えてしまい、
これが太ることにつながってしまうのです。

ヘルシー食という思い込みがありますから、安心感から食べ過ぎにもなりがち。
こうなるとご飯の糖質の摂取も増えてしまいます。

納豆とキムチ。タマネギとDHAでサラサラ習慣【納豆キムチ】

山芋のGI値は「75」、長芋は「65」と高く太りやすい食材に入ります。
  (きのこ類などは「30」以下です。さつまいもの方が数値は低い)
とろろ飯は野菜を摂っているから大丈夫と思わずに
以上のことを念頭に置いて食べるようにしましょう。

とろろのよい点・・・・水溶性食物繊維を含みます。
   ・血中のコレステロール値を下げる
   ・食後の血糖値の上昇を押さえる
   ・腸内バランスを整える効果 など

スポンサーリンク

 

ダイエットに「納豆ご飯」はどうか

f:id:masanodiet:20190903160143j:plain

納豆ご飯

では、一食がとろろ飯と同じくらいのカロリーの納豆ご飯はどうだろうか。
こちらもよく噛まずに飲み込むという点では同じ。
生卵もかけて食べれば尚更です。

そうしたデメリットがある反面、納豆は大きな効能・効果を持ちます。
ダイエットに役立つ
  ビタミンB群は太りにくい体作りを助ける
・ネバネバ成分のナットウキナーゼに代謝アップの作用
・納豆菌は腸内環境も改善し便秘によい

納豆とキムチ。タマネギとDHAでサラサラ習慣【納豆キムチ】

ダイエットには「納豆ご飯」がおすすめ!

  白米に納豆を加えることでGI値が「68」にまで下がります。
   (白米のご飯を「100」とした指標で)
  血糖値の急激な上昇を抑え、普通にご飯を食べるよりも
  脂肪の吸収を抑えやすくなり、太りにくくなるんですよ。

  ダイエット中には1日1パックの納豆を使った納豆ご飯を。
  便秘の人は納豆を夜に食べるのがベスト!

スポンサーリンク

 

ダイエットで「お茶漬け」の太らない食べ方

f:id:masanodiet:20190903160632j:plain

お茶漬け

夏バテ・秋バテで食欲がない時に食べやすいのが「お茶漬け」。
サラサラっと流し込めるので、よく噛まないという点では好ましくない。

でもこの手軽に食べられるお茶漬けがダイエットにもよいと聞けば捨て置けない。

お茶漬けのカロリーは、ご飯一杯分と鮭や梅干しなどの具のカロリーになります。
市販のお茶漬けの素を使うことも多いかと思います。

ダイエット的には面倒な準備をせずに食べられるお茶漬け。
水分の摂取ということも大きなポイント。
水分はお腹に溜まりやすいですし、ご飯を吸って量が増えるので、
同じ摂取カロリーでも満足感を得やすいんですよね。

やり方は、いたってシンプル。一日一食をお茶漬けのみにすること。
 (置き換えダイエットの感覚ですね)
二食を置き換えることも可能ではありますが、
栄養不足や飽きることを考えれば一日一食に留めるのがよいでしょう。
夕食を置き換えるのが、一番ダイエット効果を期待できます。

<まとめ>

取り上げた「とろろご飯」「納豆ご飯」「お茶漬け」は、
いずれも時間がない時でも食べやすい。
でもダイエット成功で肝要な「よく噛む」ということは怠りがち。
難かしいことですが「意識して」噛んで食べるようにしましょう。

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

納豆とキムチ。タマネギとDHAでサラサラ習慣【納豆キムチ】

サラサラ成分たっぷりあの健康食がサプリになった【納豆キムチ】