まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエットに良い「えのき」の基礎知識からえのき氷の作り方まで

f:id:masanodiet:20190329045539j:plain

干しえのきだけ

こんにちは。

今日は安価で栄養満点の「えのきだけ」のお話。
えのきの基礎知識、えのきのダイエット効果、えのき氷の作り方など
ご紹介してまいりたいと思います。

あなたのダイエット生活にきっと役立ちますよ。
この記事がご参考になれば嬉しいです^^

ダイエット効果にとても優れる「えのきだけ」

えのきに含まれる「エノキタケリノール酸」にダイエット効果!
キノコ全般に「キノコキトサン」という成分が含まれていて、
食事で脂肪を摂取したときに、その脂肪の周りに薄い膜をかけて
余分な脂肪の吸収を防いでくれます。

キノコはヘルシーな食材というのは周知のところですが、
キノコキトサンには整腸作用などの効果があるため、
お通じ改善&余分な脂肪の排出=ダイエット効果があるそうです。

そんなキノコキトサンですが、
実はキノコの中で一番含有量が多いのがえのきだけとのこと。
更にそのキノコキトサンの一部として見つかったのがエノキタケリノール酸。
このエノキタケリノール酸には、内臓脂肪を減少させる効果があります。

何と特に干しえのきを食べるだけで運動をするのと同じ効果。
干しえのきを食べる事=食べるジョギングというから嬉しい。
是非えのきは天日で干して食べるようにしましょう。

「えのき氷」で糖尿病・ダイエット対策

脂肪燃焼、便秘解消、コレステロール減少、血糖値改善、高血圧改善など、
健康効果満載のえのき氷

えのきに含まれる「キノコキトサン」には脂肪の吸収を抑制するので、
ダイエットに効果的。その含有量はキノコ界ナンバー1です。
そのキノコキトサンを上手に効率よく摂取するために、
えのきたけをペーストにし、煮詰め、凍らせたのが「えのき氷」です。

1日2~3個のえのき氷を普段の食事に使っただけで、
お腹がへこんだ、1ヵ月で3キロ痩せた、痩せた後のリバウンドがない
といった報告が続々寄せられています。

さらに、最新の実験で「えのき氷」は血液中の脂質も落とすだけでなく、
善玉コレステロールだけを増やし、
悪玉コレステロールを減らすということもわかりました。
健康力をさらにアップさせるえのき氷の作り方をご紹介します!

簡単!レンジで「えのき氷」作り方

f:id:masanodiet:20190329050443j:plain

えのき氷

【材 料】
えのき茸 300g
水 400㏄

【作り方】
・えのきの石づきをきりおとす。
・ざく切りにして、ミキサーにえのきと水を入れる。
・ミキサーで撹拌する。
・耐熱容器に入れる。
  沸騰すると湧き上がるので、大きめの容器に入れる。
・レンジで20分加熱する。
・粗熱をとって製氷皿にいれて凍らす。
・濃縮タイプの「えのき氷」の完成です。

1日1人2~3個を目安に調味料として美味しい「だし」になります。
みそ汁、スープ、鍋物、煮物、カレーなどに凍ったまま入れるだけです。

「えのき氷」を味噌汁や煮物・炒め物などに凍ったまま入れるだけで、
生活習慣病の改善やメタボ予防や健康効果が注目を浴びています。
さらに、えのきだけをミキサーにかける前に、
約1時間太陽光に当てるだけでビタミンD2がアップします!

<まとめ>

・えのきに含まれるキノコキトサン・エノキタケリノール酸はダイエットに効果的。
・干しえのきを食べるだけで運動をするのと同じ効果が得られます。
・えのきを毎日摂るには「えのき氷」を作ると重宝しますよ。