まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエットに便秘に栄養豊富なキャベツを温野菜にして取り入れようと思う

f:id:masanodiet:20191002071830j:plain

野菜サラダ

こんにちは。

それほど暴飲暴食などしていないけど、思うように体重が落ちない私。
何が原因だろう?と考える中で、気になったのは野菜の摂取不足。
男ということで女性のように野菜サラダを食べる習慣は全くない。
これはやはり見直すべきです。

今日は私としては珍らしい「野菜」の重要性のご案内記事です。
野菜が足りないと感じるあなたに一歩を踏み出していただきたい内容ですので
是非、ご一読くださいね。

 

 

野菜を摂っていない自分に気付く

f:id:masanodiet:20191002072132j:plain

キャベツの摂取を心掛ける

あるお医者さんの記事を読んで改めて自分は野菜を摂っていないなぁと思いました。
便秘解消の記事を書くにつけて食物繊維は大事と説くも
当の本人が野菜の摂取不足というか全くといっていいほど食べていない。
イモ類などは結構食べますけど。

特に緑黄色野菜
(私などは例外ですが、持病の薬がビタミンKを含む濃い緑色の野菜が
  相性が悪い。少し食べている分には問題はないですが)

そこでそのお医者さんが奨める野菜として
努めて摂るべきと感じて注目したのは「キャベツ」。

野菜嫌いでもごくごく飲める!九州の野菜で作った青汁の詳細は、コチラから

以前、一時だけどブロッコリーを食べようと試みたことがあったけど、
すぐに飽きてしまった。多分、カリフラワーでも同じ結果になるだろう。
どちらかというとブロッコリーは苦手になってしまった。

歯があまり良くないことと早食いの方ですから食べにくいということで
キャベツを避けてきたところもあると思う。

キャベツは小さめに切ってもよく噛まないと飲み込めないので時間がかかって面倒。
そんなところがダイエットを考えた場合に良いのだろうけど。

スポンサーリンク

 

食べて痩せる「温野菜ダイエット」

食べる野菜の柱はキャベツに決まった。
そして湯通ししたり、茹でたりした温野菜なら量も摂れるし食べやすいと。
生がダメなら温野菜という手がある。

キャベツの栄養と加熱
水溶性食物繊維は茹でたりお湯にくぐらせたりすると栄養は逃げてしまいます
キャベツでいえばビタミンC、ビタミンU(キャベジン)、葉酸など。
生で食べる場合は水にさらしすぎないこと。栄養が逃げます。
 洗うなら千切り前の生の状態で。その方が栄養の損失を防げる。

栄養をしっかり摂るには生で食べるか茹で汁を捨てない調理をすることが大事!
キャベツを茹でた残り汁でスープを作るのもGOOD。
ロールキャベツやポトフなどは汁も飲むのがおすすめ。
(せっかくダイエット便秘解消のために食べるのですから
  栄養を逃してしまってはもったいない)

それから「温野菜」にするには鍋ではなくレンジを使うのがベスト!
温野菜にするのに簡単でもあるね。これってポイントですよ。

 ・キャベツを食べやすい大きさに切って耐熱容器に入れ、
  水少々をかけてラップをしてチン!
  50gのキャベツなら500wのレンジで1分ほど。

温野菜のメリットは、かさが減って量がたくさん食べられること
特に寒い時期には体を温めることができるなどです。

スポンサーリンク

 

キャベツに含まれる栄養素について

f:id:masanodiet:20191002072442j:plain

キャベツは栄養たっぷり

ビタミンC・・・
 キャベツに含まれる栄養の中でも特に含有量が多いのがビタミンC。
 濃い緑の葉や芯の周辺に多く含まれる。
 大きめのキャベツの葉なら約3枚で成人の1日の摂取量(約100mg)を摂れる。
 抗酸化作用が強く免疫力アップに役立ったり貧血予防にも良い。

ビタミンU(キャベジン)・・・
 ビタミンUでピンとこなくてもキャベジンと言えば馴染み深いですよね^^
 胃酸の分泌を抑制、胃の新陳代謝の向上、
 胃の粘膜を保護・修復する効果がある。

 揚げ物にキャベツの千切りが添えられますが、揚げ物による胸やけを防げるからです。
 キャベツは天然の胃腸薬とも言われます。

カルシウム・・・
 骨や歯を作るために欠かせない栄養素がカルシウム。
 それだけでなく、精神的な興奮や緊張を和らげる効果もあるんですよ。

ビタミンK・・・
 血液の止血や丈夫な骨を形成するのに不可欠の栄養素。
 前述の通り、私個人にはあまり嬉しくない栄養素。
 飲んでいる薬が効かなくなってしまうのです。

キャベツの効果・効能は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善、免疫力アップ、
ストレス軽減、美肌&アンチエイジング効果などです。
もちろん、ダイエット便秘解消に役立ちます。

野菜嫌いでもごくごく飲める!九州の野菜で作った青汁の詳細は、コチラから

温野菜キャベツ一週間簡単ダイエットメニュー

f:id:masanodiet:20191002073004j:plain

キャベツとウィンナーのスープ

1.温野菜にしたキャベツに削り節、醤油をかけて
2.温野菜キャベツのツナ和え。ツナ缶を使い醤油で食べる
3.温野菜キャベツとボイルしたささみのマヨネーズ和え
4.温野菜キャベツのニンニクごま味噌和え

5.ロールキャベツ。もちろん煮汁も飲みます。
6.とろける軟らかさのキャベツとウィンナーのスープ
7.千切りキャベツを麺にしたラーメン(市販のスープを利用)

ダイエットのためにも便秘解消にも、また健康のためにも
キャベツ温野菜にして積極的に食べましょう。

100%九州産野菜で安心!野菜屋さんが作った【ドクターベジフル青汁】