まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

さつまいもは食物繊維が豊富で便秘解消効果が大いに期待できます

f:id:masanodiet:20190906153752j:plain

焼き芋

こんにちは。

スーパーに行くと店舗の前の方に「さつまいも」が並ぶのが目立ちます。
秋なんですねぇ。焼き芋が美味しい季節になってきます。

さて今日は、さつまいもの便秘解消効果のお話です。
大学芋の作り方も載せましたのでご参考になさってくださいね。

 

さつまいもの食物繊維含有量は芋類でもトップ

さつまいもというと、昔から便秘によい食べ物として有名ですが、
実はさつまいもだけでなく、芋(いも)類全般・食物繊維が豊富に含まれていて、
便秘解消・予防によいようです。

芋類に含まれる食物繊維は主に「不溶性食物繊維」でして、
消化されずに腸に届き、便の量を増し、腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれます。

また、さつまいもを食べる時にあるあの繊維のスジが、
腸を刺激したり、老廃物などの有害物質を絡め取って便と共に排出してくれるんです。

食物繊維の豊富さは芋類の中でもさつまいもが群を抜いています。

芋類でもトップの食物繊維含有量を誇っているので
便秘解消には断然さつまいもが適しています。
ほかにも、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2も含有。

さつまいも親善協会認定!朝さつまいもダイエットシリーズ

食物繊維を摂る理想的なバランスは不溶性2:水溶性1です。

さつまいもは皮まで食べるのが好ましい!

さつまいもの栄養素は皮に多く含まれてるそうです。
特にビタミンCやカルシウムは皮に、ヤラピンは皮と実の間に多く含まれます。
さつまいものビタミンCは、デンプンにガードされ熱に強いという特徴があります。
なるべく皮まで食べる調理法で、無駄なく栄養素を取り込むことが大切ですよ。

スポンサーリンク

 

さつまいもの効果効能について

f:id:masanodiet:20190906154523j:plain

さつまいも

 整腸作用、便秘の改善、免疫力向上、生活習慣病の予防、
 疲労回復、美肌効果、高血圧の予防改善

でも、さつまいもと同様にビタミンCが豊富なじゃがいも、
ヌメリのある山芋や里芋には、食物繊維の他にムチンという成分があります。

これらは腸内環境を整えることに大いに役立ちます。
このように便秘解消に大活躍の芋類です!
(ただし、どんなものでも摂り過ぎは逆効果になりますので注意を)

<ご参考までに芋類のGI値>

じゃがいも「90」・山芋「75」・ 長芋「65」・里芋「64」・さつまいも「55」

簡単にいえばこの数字が低いほど太りにくい食材。
じゃがいもが太りやすく、さつまいもが太りにくいということが
お解りいただけると思います。

スポンサーリンク

 

便秘、お通じの改善に必要な2つの食材について

f:id:masanodiet:20190906154803j:plain

便 秘

腸内フローラを改善するには 
助っ人食材+エサ食材」を摂ることが重要です。
助っ人にエサ、耳慣れない言葉ですよね。

助っ人食材」とは・・・

ヨーグルトやチーズ、納豆などの≪菌≫を豊富に含む食品のことです。
最近、注目・話題の「発酵食品」とお考え下さい。
他には、塩麹・甘酒・乳酸菌飲料・ピクルス・味噌・キムチなど。

さつまいも親善協会認定!朝さつまいもダイエットシリーズ

一方、「エサ食材」とは・・・

上記の≪菌≫のエサになる食材のことでして、
(食物繊維)大根・にんじん・山芋・さつまいも・海藻・キノコ・こんにゃく
(オリゴ糖)ごぼう・アスパラ・大豆・ハチミツ
        玉ねぎ・とうもろこし・バナナ・リンゴなど。

善玉菌のエサは(食物繊維やオリゴ糖)
 善玉菌の助っ人は(乳酸菌、ビフィズス菌など)
 どちらかが不足していると腸内フローラは改善しないようです。

食物繊維については「水溶性食物繊維」がオススメ。
昆布、わかめ、こんにゃく、里芋などです。
 また納豆やおくらなどのネバネバ系にも含まれています。

これらを工夫して日頃から「続けて食べること」が大事です!

 

揚げずに作ったスティック大学芋

f:id:masanodiet:20190906155114j:plain

スティック大学芋

さつまいもを使った「スティック大学芋」作り。

<メイン材料>さつまいも・砂糖

・さつまいもをよく洗い皮ごと斜めに切って、それを縦に短冊切りにする。
 5分程度水にさらしてアクをとる。

  硬くて切りにくいので
   あらかじめ水で濡らしたキッチンペーパーに
   芋を丸ごと包んで2分くらいでも良いから
   レンジでチンした方が良いです。手を切らないように!

・さつま芋を水がついた状態のまま耐熱皿に入れラップをし、
 600wで4分加熱する。

・熱したフライパンに油をひいて、さつまいもの表面に焼き目をつける。
 全面に焼き色がついたら、火を止め一旦お皿に取り出しておく。

・そのままのフライパンに砂糖&お湯(水)・醤油・みりん少々を。

   砂糖は大さじ2杯ほど
     カロリー・糖質ゼロシュガーを使いました。

・煮詰めたら、さつまいもを戻してタレを絡める。

・仕上げに黒ゴマをふって完成!

揚げていない分ヘルシーで美味しく作れましたよ

朝さつまいもダイエット

食物繊維たっぷり、置き換えダイエット「朝さつまいもダイエット」