まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

スタミナ増強だけでなくダイエットにも適したレバニラ炒め

f:id:masanodiet:20190713064129j:plain

レバニラ炒め

こんにちは。

私の地域は曇りの予報ですが晴れ間も覗いています。
でも三連休の日・月は雨になるみたい。

疲れた時に良いのが「レバニラ炒め」。
暑い夏を控えて今日はそんなレバニラ炒めのレシピ等のお話。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

簡単メニュー・レバニラ炒め

<材 料>豚レバー・ニラ・もやし

・レバーを牛乳に浸し、30分おいてから水でよく洗います(臭み消し)
・キッチンペーパーで水気を取って塩、コショウ。
・片栗粉をまぶしたレバーの両面を揚げ焼きにしたら取り出しておきます。
・5㎝ほどの長さに切ったニラ、もやしを油で炒めます。
  (チューブのニンニク、ショウガも入れました)
・レバーを戻して合わせ調味料を入れてひと炒めすれば出来上がり
  合わせ調味料:水、醤油、砂糖、オイスターソース、鶏がらスープの素

美味しかったし、元気が出る気がしました^^

<ポイント>
・レバーの臭みを取るために、必ず流水でよく洗い流し、
  牛乳に30分ほど浸すこと。
・レバーを揚げ焼きにしたものを取り出しておくと美味しく仕上がります。

レバーは鉄分の含有量で全食品中 NO.1 です。

とりわけ豚レバー、鶏レバーに多くの鉄分が含まれている。
レバーに含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれる栄養素で貧血予防に良い。

それからビタミンAも同様に NO.1 の含有量を誇ります。
ビタミンAには免疫力を高め、抗酸化作用による老化防止、などがあります。

ビタミンB2の含有量もすごくてトップ。
動脈硬化の予防や皮膚、髪、爪などを健康に保つ特徴があり、
ダイエットにも適した栄養素です。

ダイエットの際は鉄分やビタミン類が不足しやすいので、
 レバーで補うととても良いですよ。
 ただし、食べ過ぎはいけません。

その他、葉酸・ビタミンB12・亜鉛も多く含み
良質なタンパク源! 低カロリー、低脂質のタンパク質”。
この点からもダイエットにオススメです!!

豚肉は意外と太りにくい

豚肉にはカロリーとは別に、コレステロールを下げる役割があります。

あまりの多量の摂取は論外ですが、
豚肉に含まれているオレイン酸がコレステロールの抑制力を発揮してくれます。
溜まった悪玉コレステロールを減らし、メタボ体質を防いでくれるんですよ^^
これは有り難いことです。

動脈硬化を防いだりもしてくれるので、
もう一度見直していただきたい食材ですね。

<補足>糖質制限ダイエットでは肉類全般OKです。

ニラは栄養たっぷりで便秘にも良い

ニラは、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、C、Eなどの
栄養がバランスよく、豊富に含まれているのが特徴です。

ニラ独特の香りは「硫化アリル」という栄養成分で、
ビタミンB1の吸収を高める作用があります。

ビタミンB群が多い食品には、牛肉や豚肉があり、
ニラ料理でよく知られている“レバニラ炒め”は、
とても理にかなった料理といえるのです。

硫化アリルは、ネギや玉ねぎにも含まれている栄養成分で、
血液をサラサラにして血栓を防ぐというから嬉しい。

βカロテン(ビタミンA)は、皮膚や粘膜を正常に保ち、
外部からのウィルスの侵入を防ぎ、免疫力を高めます。


主に、スタミナ増強 ダイエット 便秘 下痢 腹痛 胸やけ 
冷え症 貧血 つわり 鼻血 打ち身 痔 などに良いようです。