まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ガッテンで紹介!血糖値が上がりにくい野菜ファースト&筋トレの要点

f:id:masanodiet:20200521071951j:plain

野菜&筋トレ

昨晩(5月20日)のNHK・ガッテン!
外出自粛で血糖値が上がる!?新型コロナ×糖尿病 最新情報SP
という内容でした。
新型コロナウイルスの影響で血糖値が上昇する人が増えつつあるということでの番組。

結論を言えば、
・野菜ファーストは「野菜を先に○○かけて食べる」!
・血糖値が上がりにくい筋肉作り!「ピントレ」の2つが重要ということ。

その要点をまとめてみました。

 

 

血糖値が上がりにくい野菜ファースト

f:id:masanodiet:20200521072436j:plain

野菜ファースト

いつもの一服で糖対策【匠の糖煎坊】

ダイエットに良い食事の食べ方で「野菜ファースト」をご存知の方、
体験済みの方は多いかと思います。

野菜から食べる」ということですが
更に血糖値が上がりにくい食べ方としてガッテンで紹介していたポイントが
5分かけて食べる』食べるということ。

早食いだと野菜を先に食べても、血糖値があまり改善されないそうです。
そして食事全体もよく噛んで時間をかけながら食べることを推奨。

ゆっくり時間をかけて食べる・よく噛んで食べるというのは
知識としては知っていたことなので、ある意味拍子抜けでしたが
それを実行しているかというと行っていない。

血糖値が上がりにくい食べ方は健康にもダイエットにも良いこと。
痩せやすい体作りにつながるわけですね。

自粛生活で比較的時間がある今ですから、心掛けてはいかがでしょうか。

www.masanodiet14.com

スポンサーリンク

 

血糖値が上がりにくい筋トレ

f:id:masanodiet:20200521072714j:plain

スクワット

もうひとつが血糖値が上がりにくい体に体質改善できるとして
紹介していたのが「ピントレ」というもの。

ピントレ・・・
  ガッテン!が名付けたものでピンクトレーニングの略^^

人の筋肉には「赤筋」(持久力に優れ脂肪を消費しやすい)と
白筋」(瞬発力に優れ糖を消費しやすい)とがあります。
その中間に位置するのが「桃色筋肉」。
こちらは脂肪も糖も消費するというもの。
 (ピントレで筋肉を増やすことができるんです)

言わば第三の筋肉で筋力の増強に加えて「」を良くします。

いつもの一服で糖対策【匠の糖煎坊】

ピントレは超スロースクワット

ピントレは超スロースクワットのことです。
短い時間で効率の良い運動で安全かつ効果抜群です。
ボディビルのポーズをヒントに考案されたトレーニングです。

<やり方概要>

1. 足を肩幅よりももっと広く開く
2. 10秒かけて ゆっくり腰を下ろしてゆく
3. ひざを90度くらいに曲げたら 2秒間キープ そして立ち上がります

2、3をくりかえし10回行います。3~5分の休憩を入れて、また10回。
休憩を入れてまた10回の計30回行います。(約20分・週2回ほどやる)

やり方の詳細はガッテン!ホームページをご覧くださいね。
 (注意事項も書いてあります)

何やら30回と聞くとちょっと引いてしまいますが、
ピントレを62人が2週間行ったところ糖尿病で重要なヘモグロビンa1cの数値が
平均9.9から7.5まで下がったとのこと(0.1、0.2下げるのも結構大変だから素晴らしい結果)。
やればやっただけの効果が期待できるわけです。

ヘモグロビンa1c(エーワンシー)は血液検査をしたその時の数値と異なり
 ここ数か月の生活の状態が数値として現れます。

 検査の2~3日前に節制すると食後2時間とかの血糖値は下がるかもですが
 ヘモグロビンa1cの数値はごまかしが利きません。医師にすぐバレます^^

www.masanodiet14.com

スポンサーリンク

 

私がやっているスロースクワット


足腰を強くする筋トレ『スロースクワット』【50代・60代健康チャンネル】

ガッテン!でスロースクワットが良いと言っていて私はニッコリです^^
たまたま日々の生活にスロースクワットを取り入れて一か月経ったところだからです。
少しだけやり方の内容に違いはあるけど、間違ったことをやっていないと実感。

番組で紹介していたピントレよりもやりやすいかも。
スロースクワットというのは毎日やるべきものではなく
週2回程度が好ましい。(使った筋肉の疲労を回復する期間も大事なのです)
私は週2回やっていますが動画では週1回でも効果的と言っています。
余裕があったら週2回ということですね。

行ったあとに「やった感」があるし、疲労を回復する期間も
筋肉が増えているというが嬉しい。
(筋肉は脂肪よりも重いということで、体重が少々増えるのは最初ショックでしたが。
  でもこれはスロースクワットがうまくいっている証拠と受け止めています)

動画を紹介しますので関心があったらトライしてみてくださいね。
 (やり方は動画を観れば一目瞭然ですよ)

いつもの一服で糖対策【匠の糖煎坊】

www.masanodiet14.com

<まとめ>

外出自粛で運動不足が更にひどくなったり、家の中にいる時間が長くなって
間食の量が増えたりしている人が多いだろうと思います。

「野菜ファースト」のコツを覚えて、また「スロースクワット」も
実行に移してみてはいかがでしょうか。
ダイエットだけでなく血糖値が上がりにくい方法なのですから。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

【血糖値が気になる方へ】いつもの一服が糖対策に!機能性表示食品「匠の糖煎坊」