まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエットで痩せるために水2リットルを飲むことを取り入れませんか

f:id:masanodiet:20190811041853j:plain

水を飲む

こんにちは。

「一日に水を2リットル飲むとよい」とはよく聞くと思いますが、
実践している方は少ないのではないでしょうか。

ダイエットや便秘によいのならお手軽だし取り入れない手はありません。
折しも暑さ厳しき夏、水を飲むことを習慣にするにはよいタイミングですよ。

 

ダイエットで水を飲むことのメリット

メリットを解りやすく挙げれば、満腹感が得られ・リンパの流れもよくなり
代謝がアップするということになります。
基礎代謝が上がると脂肪燃焼効果も上がるので、
痩せやすく太りにくい体をつくることができるということです。

飲む水の量について

飲む水の量としては、1.5リットル・2リットル記事によっては
3リットル飲むとかありますが、必ずしもその量にこだわらなくてよいです。
厳密にいえば、「自分の体重×4%」というのが適量と思ってください。
体重50㎏の人なら2リットル、私の65㎏なら2.6リットルが適量ですね。

たくさん水を飲めば効果が大きいということではないので、飲み過ぎには要注意。

また、置き換えダイエット的に用いるのではなく食事・栄養はきちんと摂りましょう。

<私からの提案>

・500mlのペットボトルを用意し、
  起床時と就寝前に各1本分、三度の食事時に飲むという方法。
  これだと一日2.5リットル飲むということに(数字にあまり神経質にならないでね)。

どんな水を飲むとよいか

水には硬水軟水がありますが、ダイエットではどちらでも構いません
常温の状態がよいですね。高齢の方は白湯(さゆ)でもOKです。

むくみ」のことですが、2リットル程度の水ではむくまないのでご安心を!

f:id:masanodiet:20190811042631j:plain

デトックスウォーター

それからひと工夫加えてキウイ・オレンジ・レモンの輪切りなどを入れて
デトックスウォーターを作るのも一法ですが、消毒剤等を用いているものは注意。
皮をむいて使うなど安全に配慮しましょう(無農薬のものを選ぶのがベスト)。

スポンサーリンク

 

便秘解消!朝一杯の水は「硬水」がおすすめ!

水を飲んで便秘解消効果が出ているのかどうかはっきりしない方は
飲み方等、間違っている点があるかもですよ。

便秘対策では硬水を飲む

朝一杯の水は目覚めてすぐ飲むのがよいですが「硬水」がおすすめです。

<おすすめしたい冷水>

コントレックスという「硬水」を冷やして飲むのがおすすめ。
硬水とはミネラルが豊富な水です。

f:id:masanodiet:20190811043327j:plain

硬 水

マグネシウムやカルシウムが多く溶け込んでいます。
マグネシウム→便を軟らかくする効果。便秘薬でもありますね。

マグネシウムは普段の食事では摂りにくいのですが、
コントレックスなら簡単に補給できます。

スポンサーリンク

 

水は一気飲みしないこと

一気飲みは避け、効果を得るためには、噛むように一口ずつ飲むのが理想。
同じ水でも便秘解消効果が高まります。

水の摂取と合わせて朝食を取ることも大切ですよ。

冷水か白湯かは個人差があるので自分に合った方を選ぶべきです。

<まとめ>

・ダイエットで飲む水の量2リットルはひとつの目安。
  「自分の体重×4%」が適量です。

・ダイエットでは硬水でも軟水でもOKで常温で飲むのがおすすめ。

・便秘解消には「硬水」が効果的。
  一気飲みはしないで噛むように一口ずつ飲みましょう。

ポッカサッポロ Contrex (コントレックス) 1.5L×12本 [正規輸入品]