まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエット!早食いは太る原因、食事に20分以上かけるコツ

f:id:masanodiet:20190221073350j:plain

小さいスプーンと大きいスプーン

こんにちは。
皆さんのダイエットはうまくいっているでしょうか。
朝夕軽く 昼しっかり食べる」方法は行っているでしょうか。

今日は「一回の食事に20分かける」ためのちょっとしたコツです。
(太る原因の早食いを防止)
早食いでなかなか痩せられない方、是非試してみてくださいね。

 早食いは太る原因であること

食事をして満腹中枢が働くにはどのくらいの時間がかかるでしょうか。
それは脳が食事をして満腹だと感じるまでに15~20分ほど時間がかかります。
食事の量と比例して満腹感を感じるわけではありません。

早食いになると脳が満腹か感じる前に必要以上に物を食べることになります。
食べ過ぎ・過食ですね。
よく噛んでの食事とパクパクと流し込むような食事とでは
消費エネルギーの量が全く違うという研究結果が実証されています。
よく噛んでゆっくり食べると消化・吸収活動が増加するんですよ。

忙しい現代人ですからゆっくり食事をする間もないでしょうけど、
早食いは太る」と改めて認識しましょうね。

一回の食事に20分以上かける

あなたは早食いじゃありませんか。
一度時計とにらめっこで自分の食事がどのくらいかかっているか確認してみましょう。
特に忙しい朝食などでは10分以内で済ませている方も多いと思います。

もしも食事が10分以内で終わっていたら、あなたは早食いですよ。
一回の食事時間には20分を目安に時間を確保しましょう。
それがダイエット成功につながるのですから、面倒と思ってはいけません。
痩せたいならよく噛んで20分かけての食事を習慣化しましょう。

ゆっくり食べるためのちょっとしたコツ

私自身結構気が短いということもあってずっと早食いでした。
でも「早食いは太る」と認識してからは、ひと口30回は噛んで食べています。
初めのうちは一回の食事に20分かけるのって案外大変です。
30回以上よく噛んで時間を稼ぐと良いです。

そして私が思いついたのがスプーンで物を食べる際の工夫です。
それは「小さいスプーンを使うこと」です。
例えば【写真上】のように朝食のグラノーラを食べる時に、
カレースプーンのような大きな物ではなく、ティースプーンのような小さな物で食べる方法です。
こうすることで一回の口に運ぶ食べ物の量は少なくなります。
更にひと口は30回以上よく噛みます。
食べ物を口に入れる回数がかなり増えますので、20分かけての食事が実行可能な訳です。

些細なことですが、ダイエット成功のために心掛けていただきたいことです。
(外食などでそうしたことがままならない場合、大きいスプーンを使うケースでは
  スプーンに乗せる食べ物を少なめにしましょうね)

細かなことを書きましたが、あなたのお役に立てれば嬉しいです。
あなたのダイエット成功を応援したいがための一案です。

<まとめ>

・「早食いは太る」と肝に銘じましょう

・自分の食事時間を確認し、20分以上かけての食事を心掛ける

・スプーンで食べる際は小さなものを使用して口に入れる回数を増やす