まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

食物繊維豊富な「おから」でダイエットと畑のお肉大豆のメニュー

f:id:masanodiet:20190719163042j:plain

おからの煮物

こんにちは。
さて本日は、安価で栄養豊富な「おから」と「大豆」の話題です。
あまり食べる機会はないかもしれませんが、
ダイエットには大いに役立つ食材なので記事を読んでくださいね^^

簡単メニュー・手抜きのおから(卯の花)」の煮物

すき焼きを食べた残り汁があって捨てるのももったいないので
おからを煮ることにしました。

おからは自分の子どもの頃は、お豆腐屋さんでもらえたり5円か10円程度でした。
今回スーパーで買ったっ物は一袋300gで78円。これでも充分安い^^

煮物といっても手抜きなので煮汁を麺つゆで調整して
おからを入れて煮るだけ。具には在庫のミックスベジタブルを入れました。
(昔、我が母親はちくわ・しいたけ・桜えびなど入れて作っていましたね)

おから300gを使うと中くらいの大きさの鍋で目いっぱいできますね。
数日一杯の肴として食べました。簡単・手抜きですが美味しくできましたよ

おからダイエットで無理なく痩せる

おからは言うまでもなく大豆の搾りかす。
絞った液体の豆乳は人気があって飲んでいる方は多いと思いますが、
おからを利用している人は少ないですよね。
でも、栄養満点で安くてダイエットもできるのですから活用すべきです。

おからの食物繊維量は他の食べ物と比べても群を抜いています。
この食物繊維がダイエットに役立つんです。
食物繊維をたっぷり摂ると食後の血糖値を上げにくい。
太るというのはカロリーの問題だけじゃなく血糖値が上がるからなんです。
食物繊維で血糖値が上がらないようにすれば太りにくい身体に体質改善できる訳ですね。

おからの特長3つ

・低カロリーなのに栄養豊富
・低糖質なので血糖値の上昇を抑える
・お腹で膨らみ満腹感を得られる

大豆製品の代表ともいえるお豆腐よりもダイエットならおからの方が
食物繊維量では上回りオススメ。
痩せやすい身体を作っていくという点ではおからの方が優れているので
取り入れない手はありませんよ^^

(1度にたくさん食べるのではなく少しずつ食べた方が、
  血糖値の上昇を抑える効果等が持続してダイエットに役立ちます)

大豆は栄養バランスに優れた食べ物

大豆は畑のお肉」と言われるほど栄養豊富です。
特にタンパク質が豊富。
タンパク質は私たちの体を作り、生命を維持するのに不可欠の栄養素。
大豆には約35%も含まれていますが、量だけでなく、質的にも良質。

タンパク質はアミノ酸という成分で構成されていて、
良質のタンパク質」を豊富に含むところから「畑のお肉
と称されるようになりました。

大豆には嬉しいダイエット効果あり

大豆でのダイエットというと毎日大豆を食べなくてはと思いがちですが、
大豆加工食品である豆腐納豆、また きな粉を食べる方法もOKです。

(私は毎朝グラノーラに豆乳をかけて食べています)

大豆を活用すれば健康的に痩せられるわけで、食欲を抑制する効果があるのです。
(味噌も大豆からできているので「間食」に味噌汁を飲むなんていうのも
 良いアイデアと思います)

含まれる大豆サポニンには血流をよくする働きがある上に、
皮下脂肪がたまるのを抑える働きがあります。
肥満を予防する効果が期待できるということですね。

大豆の甘辛炒め煮

f:id:masanodiet:20190408072745j:plain

大豆の甘辛炒め煮

水煮の大豆に片栗粉をまぶして
ちりめんじゃことともに油で炒めます。
味付けは麺つゆ+顆粒だし。
(水煮の大豆が便利ですが入手できない場合は、圧力鍋を利用すると良いですね)

調理時間は10分程度と簡単。
たくさん作って数日食べています。
じゃこは好みですが、入れるととっても香ばしくなります。
美味しくて食べ始めると止まらない感じ^^

是非、お試しあれ!!