まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

高野豆腐ダイエットというのがあります&簡単!高野豆腐と牛皿の煮物

f:id:masanodiet:20191228181846j:plain

高野豆腐と牛皿の煮物

こんにちは。

昨日は本年最後の糖尿病クリニック受診でした。
散髪も済まし、おせちの買い出しも終えたので、ほぼ新年を待つのみ。

冷蔵庫に滅多に買わない高野豆腐が残っていて気になっていました。
クリニック帰りに買った牛皿と組み合わせての煮物で一件落着^^
その内容と初耳の高野豆腐ダイエットのご案内です。

 

 

高野豆腐と牛皿の簡単煮物

高野豆腐は2個残っていました(1個87kcal)。
切らないと大きいので湯で戻すことに。

<湯戻しの方法>
・約50℃のお湯に高野豆腐を浮かせるように入れ、
お湯を含ませます(1~2分)。
軽くしぼって好みの大きさに切ります。

熱すぎるお湯だと軟らかくなりすぎることがある。
調理の際に塩分が入っていない煮汁に入れると崩れやすくなるので、
 醤油と塩を加えた後に入れること。

若干の注意事項はありますが煮る作業は簡単です。

・鍋に水と麺つゆを入れました(400mlほど)
・切った高野豆腐を入れて煮ること約10分。
 火を止めて味を煮含ませつつ粗熱を取る。

f:id:masanodiet:20191228182256j:plain

牛 皿

肥満治療の名医が考案 たった2週間で内臓脂肪が落ちる高野豆腐ダイエットのご購入は、コチラから

牛皿はすでに出来上がった完成品なので一緒に煮ないで
 高野豆腐を煮て火を止めた段階で入れて絡ませます。

牛皿大盛り:330kcal、高野豆腐2個で174kcal 
504kcalとそこそこの数字になりましたが、
かなりのかさ増しになりました。
二人で食べるか、二回に分けて食べるなどすると良いですね。

晩酌のいいおつまみになりましたよ

スポンサーリンク

 

痩せると密かに人気の高野豆腐ダイエットの概要

そもそも高野豆腐って何かというと普通の豆腐を凍らせて水分を抜き、
それを乾燥させたもののことです。

凍らせることで栄養は凝縮、タンパク質は普通の豆腐の7倍にもなります!

高野豆腐を食べるにはよく噛む必要があるので、
満腹中枢を刺激するので食べる量が自ずと減ってきます(食べ過ぎ防止に)。

<高野豆腐の効果>

・脂肪燃焼効果
 アミノ酸には脂肪を燃焼させる効果があり。

・筋肉増大効果
 タンパク質は筋肉をつくる源。
 筋肉量を増やすと代謝が上がり痩せやすい体になる。

・コレステロール減少効果
 コレステロールを排出・抑制。
 新陳代謝が上がり痩せやすい体に。

・脂肪除去効果
 含まれる大豆サポニンが中世脂肪を減らしてくれます。

・腸内活性化効果
 腸の働きを活性化し腸内環境を整えるので便秘が改善される。

肥満治療の名医が考案 たった2週間で内臓脂肪が落ちる高野豆腐ダイエットのご購入は、コチラから

<高野豆腐ダイエットの行い方>

f:id:masanodiet:20191228182932j:plain

高野豆腐でダイエット

・高野豆腐を食べる適量は「1日30g」(1個は22gほどです)。
 他の食事制限はありません。
 高野豆腐のみを食べるということはせずに
 あくまでも「食事に取り入れる」ということです。

 食べるほど痩せるというものではないので
  量の30gまでは守るようにしましょう。
  (カロリーは高めということもお忘れなく)

・食べる時間に決まりはありませんが、筋肉は寝ている間に作られることから
 晩ご飯の時に食べると良いです。

 基礎代謝は寝ている時に活発になるので
 夜食べるとエネルギーが燃えやすくなりますね。

食事の最初の方で食べると良い
 結構お腹が膨れるので食事の全体量を減らすことができる。

スポンサーリンク

 

高野豆腐ダイエットでの効果・結果について

皆さんがお知りになりたいのは、
どのくらいで効果が出るか」「何キログラム痩せられるのか」ですよね。

調べたところによりますと、個人差があるのは当然のこととして
早い人は2~3日くらいで体重が落ちはじめるそうです。
やり方を守って1週間きちんと食べればほとんどの人は
変化を感じられるとのこと。

減量の効果は1週間で4キロも痩せる方から1キロ程度の方までまちまち。
継続すれば少しずつではあっても確実に体重は落ちます
変わらなかったり、逆に太っとという例はあまり見られないようだ。

無理なダイエット法ではないのでリバウンドがないというのは大きなメリット。

毎日食べるには飽きないことが大事なので、含め煮意外でも
バターソテーするとか唐揚げや白菜などとスープにするとか工夫すると良いですね。

今すぐにやるというのは無理でも、お正月で食べ過ぎたあとにでも
取り入れてみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^