まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

ダイエット中におすすめできるコンビーフ&コンビーフトーストサンド

f:id:masanodiet:20190908113948j:plain

コンビーフ

こんにちは。

パンがダイエットに好ましくないと知ってから買うことが少なくなりました。
でもお気に入りのコンビーフトーストサンドが食べたくなると食パンを買います。

今日は、パン、ではなくダイエット中に食べても安心な
コンビーフの栄養や効能に焦点を当てた記事です。

簡単メニューレシピも載っていますので、ゆっくりとご覧くださいませ^^

 

コンビーフの栄養と効能について

コンビーフに含まれる主な栄養と効能は以下の通りです。

ビタミンB1・・・

糖質の代謝を助けエネルギーを作り出す・疲労回復に役立つ

ビタミンB2・・・

細胞の新陳代謝を促進・皮ふや粘膜の機能維持や成長に

ナイアシン・ビタミンB6・・・脳神経を正常に働かせる作用

パントテン酸・・・動脈硬化の予防・ストレス緩和

葉 酸・・・貧血を予防・新しい赤血球を作り出す

ビタミンE・・・活性酸素の発生や酸化を抑制・免疫力アップ

カルシウム・リン・マグネシウム・・・骨や歯を構成

カリウム・・・疲労回復、利尿作用、高血圧の予防

そして、レチノール良質なタンパク質も含む優秀食材です。

スポンサーリンク

 

馬肉も含まれるニューコンミートはダイエット向き

f:id:masanodiet:20190908114341j:plain

ニューコンミート

とろける贅沢食感!腰塚の極上コンビーフ

コンビーフよりもお値段が安いので私がよく買うのがニューコンミート
牛肉ももちろん入っていますが馬肉がメイン。
これって低カロリーだし、かえってダイエットによいと思っています。

コンビーフのカロリー:100gあたり(1缶)243kcal
 脂肪分50%OFFの品(136kcal)もあるようです。
ニューコンミート:100gあたり(1缶)218kcal

コンビーフはカロリーが高いものの、脂質が多く腹持ちがよいので
ダイエット向きといえます。
空腹になりにくいので食べる量を減らすことが可能な訳です。
 (肉類全般が糖質制限ダイエットでOK

牛肉はたんぱく質と鉄分が豊富

良質なたんぱく質と鉄分と必須アミノ酸が豊富に含まれています。
特に赤身の肉には、吸収されやすいヘム鉄やビタミンB12が多いんですよ。
亜鉛も多く含まれ、貧血や風邪の予防、味覚障害の改善、成長促進が期待できます。

馬肉は牛肉や豚肉より低カロリーでヘルシー

エネルギー源となるグリコーゲンは牛肉の約3倍も含まれています。
カルシウムも牛肉や豚肉の3倍というから嬉しい。
ビタミン(A・B12・E) 、ペプチド、リノレン酸や鉄分も豊富。
鉄分に貧血予防効果があるということはご存知ですよね。

簡単で美味しい!コンビーフトーストサンド

f:id:masanodiet:20190908114717j:plain

コンビーフトーストサンド

とろける贅沢食感!腰塚の極上コンビーフ

私のお気に入りの一品です。

何度食べても旨い、コンビーフトーストサンド

以前テレビで登場した喫茶店が紹介していたのですが
作ってみたら、これが実に美味しい。
(コンビーフは20秒程度レンジでチンしてほぐすとよい)

コンビーフを乗せるトーストにバターを塗っていますが、
これは省略してもよいです。

記憶に残る」一品の発見でした。是非、お試しあれ!

 (コンビーフはフランスパンに乗せてもいいですね)

スポンサーリンク

 

<ご参考>パン食がダイエットによくないという理由

f:id:masanodiet:20190908114841j:plain

パン食

“何故にパンよりご飯の方が太りにくいのでしょう?
 
8枚切りの食パン2枚と普通のお茶碗1杯のご飯は 250kcal とほぼ同じ。
摂取できる栄養素のほとんどは炭水化物で、栄養価的にもあまり変わりはありません。
 
大きな違いとして挙げられるのが「添加物を使っているかどうか」ということ。
パンを作るのにバターやラードといった脂質は欠かせないため太りやすくなります
 
そして食べる時にバター・マーガリン・ジャムなどを塗りますから尚更ですね。

【厳選食品安心堂】極上コンビーフ