まぁちゃんダイエットに食事で成功した簡単メニューと基礎知識

ダイエット成功にストレスなし、リバウンドなし。あなたにも笑顔を!

便秘解消に伝統発酵食品の納豆やヨーグルトを積極的に取り入れよう

f:id:masanodiet:20190617063136j:plain

納豆と揚げ玉で釜玉うどん

今日は納豆を中心に発酵食品メインのお話です。
ダイエット・健康に良く、特に便秘気味の方は積極的に取り入れたいところ。
便秘でお悩みのあなたのご参考になれば嬉しいです^^

納豆と揚げ玉で釜玉うどん

あれこれご馳走が続いたあとは、
素朴な納豆や焼いたイワシ・明太子でご飯などがいいですね。

作ったのは納豆入り釜揚げうどん。
トッピングは、卵・納豆・揚げ玉・青ネギ。
栄養も摂れて美味しかったです

便秘に有効な伝統発酵食品のちから

便秘といえば食物繊維が有効ですが、
発酵食品に含まれる乳酸菌も便秘に良い結果をもたらします。
乳酸菌を摂ることで腸の中の善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。
善玉菌自体の生命力はあまり強くないので、毎日でも摂取することが大事。

では、発酵食品にはどんな食品がある?
まず筆頭にあがるのが「納豆」、そしてヨーグルト
キムチ・酢などのほかにもナチュラルチーズ味噌があります。

いずれも腸内環境を整える働きがあるので
積極的に摂りたいところ。
発酵食品は食物繊維と組み合わせることが一層良いです
腸内環境を整えることで、慢性的な便秘に対処。

納豆はいつ食べるのがベスト?

ダイエットに納豆と言うのは何となくうなづけるのですが、
便秘と納豆」について調べてみました。

納豆はご存じの通り納豆菌で大豆を発酵させた食品です。
納豆にはオリゴ糖食物繊維が豊富に含まれていますから、
この2つが便秘の悩みに大変有効なんだそうです。

オリゴ糖はそれ単独でもサプリとして多数販売されていますよね。
腸内の善玉菌を活発にしてくれる糖分なんです。
また納豆(50g)に含まれる食物繊維はリンゴ一個よりも多いとのこと。
意外な発見でした。

更に納豆には腸内の悪玉菌を抑える働きのリノール酸も含まれています。
オリゴ糖と一緒に摂取すると一層好ましいす。

納豆を摂るポイント

・便秘の人は納豆を食べよう
・目安は週に3回

バリエーションとしてはキムチや大根おろしを混ぜる、
我が家では刻んだ白菜漬けやたくあんを混ぜていました。
是非とも積極的に食べましょうね^^

ヨーグルトはいつ食べるのが良い?

乳酸菌というと真っ先に浮かぶのがヨーグルト
そのより効果的な食べ方をまとめてみました。

ヨーグルトは食後に食べるのがベスト!

朝食前とかは良くありません!
空腹状態の胃は胃酸がたくさん出ているので
その状態でヨーグルトを食べると乳酸菌が胃酸によって
死んでしまうとのこと=効果が弱まる。
(乳酸菌の死骸、これはこれで役に立つそうです)

特に夕食後に食べるのが最強!

朝食後や昼食後でも良いのですが、特に便秘のためにも
夕食後に食べるのが良い。腸のぜん動運動が活発になるようだ。
摂取量のおすすめは、100グラム程度を毎日欠かさず食べること。

食物繊維と一緒に食べると良い

食物繊維は果物では生よりドライフルーツが最強

ヨーグルト以外の乳酸菌を食べる最強の食べ方。
納豆・キムチ・チーズの組み合わせ。
器の温かいご飯の上チーズを乗せ、更に納豆・キムチも入れて混ぜて食べる。

ヨーグルトは夕食後が最強」と覚えておきましょう。

<まとめ>

・発酵食品は食物繊維と組み合わせることが一層良いです。
・納豆はオリゴ糖と一緒に摂取すると効果アップ
・便秘の人は納豆を「夜」食べましょう。
・ヨーグルトは食後(特に夕食後)に食べるのがベスト。